株式会社のぶちゃんマン(お酒の美術館)

あらゆる生活シーンにBAR文化を。日本初のコンビニバーを一緒に盛り上げませんか?

BAR文化を変えるお酒の美術館とは 
その名のとおりオールドウイスキーをはじめブランデー、
ワインなどを圧倒的なボトル数で取り揃えるスタンディングバーです。
スキマの時間にサクッとリーズナブルにお立ち寄れる
これまでにないBARを世の中に展開します。


特に注目されているコンビニバーは日本初!!

お酒の美術館の特徴

❶ 基本はワンオペ営業で 
在籍2〜3名でOK

 提供するのはお酒のみ
  フードはコンビニ持込可能

❸ 独自の仕入れルートにて
  リーズナブルな仕入
原価で

❹ コンビニ内や駅構内など、
人が集まるところに出店。


 

解決市場FCレポート【本部インタビュー】


徹底した低コスト化で店舗倍増!「お酒の美術館」好調の理由

株式会社のぶちゃんマンが展開する「お酒の美術館」世界のお酒が気軽に楽しめるスタイルが幅広い世代に支持されて、コロナ禍において店舗が倍増しているという。好調の理由や事業の魅力を、FC営業2課の松下卓也さんに伺った。

「お酒の美術館」とは、どのような事業ですか?

お酒の美術館は、ウイスキーやブランデー、ワインなど、世界のお酒をリーズナブルな価格でお楽しみいただけるスタンディングバーです。「あらゆる生活シーンにBAR文化を」をコンセプトに、誰もが気軽に立ち寄れるバーを目指しています。チャージは無料で、希少なオールドボトルも多数取り揃えているため、若い方から年配の方まで、幅広い層にご利用いただいています。

どうして、リーズナブルな価格でお酒を提供できるのですか?

一般的にお酒を仕入れる場合は、酒販店から仕入れます。ですが、私どもは自社でお酒の買取事業を営んでいます。そのため、FCオーナー様は、弊社から直接お酒を仕入れることが可能です。例えば、サントリー角瓶だと通常1本あたり1400円前後のところを、500円程度で仕入れることができます。仕入価格を抑えることで、リーズナブルな価格での提供を実現しています。

事業としての魅力は、どんなところでしょうか?

一般の飲食店よりも高い利益率が見込めるところです。お酒の美術館では、フードの提供をしていません。お客様には好きなフードを持ち込んでご利用いただいています。これにより、厨房施設にかかる初期費用が抑えられるほか、フードロスの心配もありません。あわせて、店舗の広さを10坪以下にすることで、一人でも営業が可能となり、人件費を抑えることができます。徹底した低コスト化が、高い利益率を生み出しています。

公式サイトで詳しくみる

1月27日アクロス福岡 「解決市場FC展」に来場して説明を聞く

企業データ

企業名 株式会社のぶちゃんマン(お酒の美術館)
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!